英語が必要な大阪の保育士の求人もある

大阪の保育士の求人の中には、英語が必要とされるものがあります。
バイリンガルの教育をする保育園で働きます。

この種の大阪の保育士の求人の場合は、給料が高くて月に20万円を超えることがあります。

都市部で多く、地方では見つかりにくいです。
このタイプでやや珍しい大阪の保育士の求人としては、大学で働くものがあります。

大学内にある保育園で、働きます。
大学の職員の中には、外国人の人もいるので、その外国人の子供を預かる仕事をします。



英語の能力が求められるので、普通の大阪の保育士の求人よりはややハードルが高いです。

大阪府の保育士情報サイトはこちらの情報サイトへお越しください。

ただし、高度な英語力が求められるわけではありません。子供を相手にするので、中級程度の英語の能力でも対応できます。


TOEICの点数で言えば、700点前後です。
もちろん英語の能力だけではなく、大阪の保育士としての資質が優れていることが必要です。

この仕事を目指すには、普通の保育園で働きながら、英語力を磨くのが良い方法です。
自力で勉強しても良いですし、英語の学校に通っても良いです。
英語を使ったコミュニケーションが自由にできるようになれば、バイリンガル教育の保育園で働けるようになります。


自分の英語力に自信が出てきたら、転職サイトに登録しましょう。


やや特殊な仕事なので、転職サイトに登録した方が、仕事の情報を得やすくなります。良さそうな仕事が見つかったら、できるだけ早く応募します。英語の履歴書を求められることがあります。



日本の履歴書とは形式が異なっているので、コンサルタントに書き方を指導してもらいましょう。